訪問者に効果的なTOPや記事タイトルの付け方

2b1ce03f

今日は企業のWeb担当さま、個別のクライアントさまの
サポートを行っている中で、いつも思うことをお伝えします

7月あたりでしたでしょうか、記事タイトルの件については
メルマガの方で触れたと思いますが、

再度おさらいを兼ねて、一緒に学んでいきましょう♪

大半の方々が、ご自身のホームページ(ワードプレスを含む)や
ブログを所持されていると思います。

ただ作って公開をしても、アクセスを集めることが出来ていません
これはFBページの場合も同じです。

また、アメブロの管理画面にあるアクセス解析は
全く当てになりませんのでご注意くださいね!

ちょっと、これを見てもらってよろしいでしょうか?
7月31日~8月30日までのデーターになります
↓ ↓ ↓
http://xn--hhrs8rnue078d.jp/731830.png

めちゃくちゃすごい訳ではないのですが、
ページが表示された回数が、195512です

そこから、表示されているタイトルをクリックして
実際に、ホームページに訪問してくれた数が
3237になっていると思います

この中で、商品の購入をはじめ、店舗の来店、何かの申し込みを
ご検討してくれる方が10%です。四捨五入して324人

更に、ざっくりになりますが、ここから成約に繋がるかどうかの割合は
324人から2%~5%となる感じです。

だいたい、毎月6人~15人前後

このあたりは、魅せ方や、ライティングで変わりますが
ざっくりとまとめるとこんな感じです。

つまり、何をお伝えしたいのかと言いますと・・・

ホームページや、ブログを綺麗に、丁寧に作っても
記事を一生懸命書いても、まずは見てもらわないと、
知ってもらわないと、何もはじまらないということです

この部分を、今で言えば、FBから導線を作ろうとして
ホームページやブログを、FBとリンクされている方もいますが

感動集客の書籍でもお伝えしたとおり、FBからアクセスが来ても
集める層が違うので、コンバージョン(成約・申込み)しません

それならば、どんなアクセスが1番質が高いのかといいますと
ヤフーや、グーグルからの検索経由になります。

その為にも、ホームページのタイトルをはじめ、
ブログのタイトルには、キーワードを入れないといけません

誰でもそうだと思いますが、何かを調べる時は
ヤフーや、グーグルの検索窓にキーワードを打ちますよね?

例えば、僕も大号泣したのですが「アナと雪の女王」

このDVDが欲しいなら、人はアナと雪の女王 dvdと打ち込むはずです
ただ、アナと雪の女王を知らない人も中にはたくさんいます。

そんな時は、ディズニーアニメ オススメなどと打つかもしれません
こういう部分も調べてみないと分からないことです

あなたがアナと雪の女王や、ディズニーの関連の販売者なら
ホームページや、ブログのタイトルには、このキーワードを
必ず入れてあげないと、検索には引っかかりません。

次は美容室さんを例にとってみましょう

僕の髪を切ってくださるお店は、福岡県の早良区という所にあります
なので、ホームページのタイトルは

福岡県早良区の美容室│お店の名前というタイトルになります
かなりベターですけど・・

お店として狙いたい集客キーワードは、福岡 早良区 美容室
こんな感じのキーワードでお客さまを呼び込みたい訳です

ただ、このパターンだとあまりうまくいきません

ちょっと専門的になりますが、僕達みたいなウェブコンサルの人間に
SEO対策を依頼されて、仮に検索結果の1位になれてもです

なぜだか分かりますでしょうか?

福岡 早良区 美容室と打つ人の中の「誰」を中心に集めたいのか?
ここをはじめにしっかりと決めた上で、キーワードは選ばないといけません

今日はタイトルの重要性についてのお話になりますが、
結局、設計図を組まないと、そもそもの戦略が打てないのです
分からない場合は、感動集客を1度読んでみてくださいね!

ただ安さだけを求めている人なのか?

縮毛矯正をしたい人なのか?

カラーがメインの方なのか?

カット&白髪染め&パーマもしたい人なのか?

そもそもメンズが打ち込んでいるかもしれない

炭酸パックなどに興味がある方なのか?

髪だけではなく雰囲気や癒しも求めている方なのか?

そもそもの世代はどのぐらいの方なのか?

親と子供がメインかもしれません

つまり、自分たちの強みは何なのか?ここを打ち出してから
市場のリサーチを行い、どういうホームページやブログにするのか?

この戦略が出来てから、はじめてホームページのタイトルや
ブログのタイトルに、どんなキーワードを使えばいいのか?
これらが明確に決まってくるのです。

だからこそ、記事タイトルも「戦術」として自ずと決まりますし
どんなキーワードを使って記事を書けばいいのか?も決まります

こういう部分をやらずに、特にアメブロを使っている方々は


⇒ 今日の日記

⇒ 今から有名な〇〇さんとご飯です

⇒ さっき出張から帰ってきました~

⇒ 今日から3日間特別セールを開始です!

⇒ 本日のカウンセリングを終えてみて・・


こういう記事タイトルを付けて、毎日記事を書いても
グーグルや、ヤフーを経由して誰も来てくれませんよ?
芸能人ではないのですから・・

それぐらい、キーワードは大事ですし、
キーワードの以前に行うべき前準備は
もっと、もっと大切になります!

ホームページや、アメブロでアクセスを集められないから
FBに投稿して、導線を作って集客は間違っていますからね・・
そもそもの集めたい層が違う訳ですから・・

さきほどもお伝えしましたが、集める層が全く違います。
ぼやけたアクセスをいくら集めても成約には繋がりません

ブランディングをしたいのか?

店舗集客に繋げたいのか?

商品を販売したいのか?

自分のサービスを売りたいのか?

こういう部分から、まずはしっかりと決めていかないとですね・・

僕が設計図を作りましょう!繰り返してお伝えしているのは
戦略を大切にしていかないと、うまくいくものもうまくいかないからです

感動集客アカデミーでは、こういう部分からサポートしています

手前味噌になりますが、記事タイトルや、記事の中身1つ1つを
サポートしてくれる所は、どこにもありません

僕たちもかなりの労力を使う形になりますが、
それぐらいのお手伝いをさせてもらわないと
自分の力で集客や販売はできないので・・

ホームページや、ブログを知り合いの方に作ってもらったとしても
申し訳ないですが、ネット集客&販売のプロではありません

今後アメブロに、フェイスブックに人が集まらなくなったら
どうやって、自分を知ってもらうのでしょうか?
どうやって、自分のサービスを宣伝すればいいのでしょうか?

僕は、必ず成功するとは約束できません

だけど、必ず成長することは約束できます

※は必須項目です
メールアドレス※
お名前(姓名)※ 姓と名はスペースで区切ってください
      

関連記事

ページ上部へ戻る