まぐまぐ VS 独自配信

hakase

著名人の方も利用している大手の無料メルマガ配信スタンドに、
まぐまぐさんがあります。メールの到達率も良いですし
読者数が増えても、配信数に制限がありませんので

まぐまぐさんをメインで利用している方も多いです

ただ、無料で使えるのですが、同じジャンルで配信している
別の方のまぐまぐメルマガに登録される怖れがあるので

同じジャンルで配信している方が多ければ多いほど、
自分のお手紙を見られる機会が減りますし
少しずつ反応が落ちて解除も増えます

無料なので自分が配信するお手紙の中にも
はじまりとおわりの部分にまぐまぐ広告が入りますから
その広告へ飛んでいかれる可能性もあります(有料で広告は外せます)

また、まぐまぐさんを利用すると、自分で読者の管理が出来ないのと、
○○さんという名前の差し込みを入れて配信することが出来ません。

自分のメルマガに代理登録をしようとする時、まぐまぐさんの場合は、
事前に代理登録申請を行う必要があります。

詳しい説明はまぐまぐさんのページをご参照ください
http://www.mag2.com/sv/more_readers/dairi/

それでは、独自配信のスタンドはどうか?と言いますとほとんどが有料です。
ただ、まぐまぐさんにはない便利な機能が沢山ついていますし、
たとえ有料でも、代理登録は自由に行えます。

さきほどお話した返信メールも自由に作成できます。

機能を使う上でランニングコストを比べても、独自配信の方が
結果的に、まぐまぐさんよりも安くなります。

表面的な部分で比較するとこんな感じになるのですが、
僕は独自配信の方をオススメします。

1番シンプルな理由としては、読者管理や、名前の差し込みが
出来るという部分よりも、まぐまぐさんと違って、

限りなく自分のお手紙しか読んでいない方を読者にすること出来るからです

また独自配信スタンドは、本当にたくさんあるのですが、
全てが同じ機能を備えているかと言うとそうでもありません。

毎月の利用料が安くても、月の配信数に制限があったり、
次にお話しますがステップメール機能の有無
楽天やアマゾンみたいな長いURLを短縮したURLに変換できる機能の有無
クリック測定機能の有無、複数のメルマガ運営の有無があります。

これら基本的な部分を網羅して、毎月の値段もリーズナブルな
配信スタンドの1つにワイメールさんがありますので
僕はこちらの配信スタンドをオススメしておきます。

独自配信機能の中で便利なのが、お手紙の中に掲載したURLを、
どれだけクリックしてくれたのか?を確認できる「クリック解析機能」です。
(まぐまぐさんの場合は、別の所から有料で用意する必要があります)

これは関係性がどれだけ出来ているのか?の目安にもなりますし、
また読者さんが興味をもつ内容などを確認する上でも、
非常に重要な役割を担います。

特にはじめの内は、毎回の配信内容に対して、自分が思っている期待値と
読者さんの反応は違いますので、この距離を縮めていく上でも役立ちます。

お手紙のどこの位置にURLを掲載した方が、クリックをしてくれるのか?も分かります。

また、楽天やアマゾンにある商品を、お手紙の中で紹介するとします。
しかし、楽天やアマゾンの商品URLってめちゃくちゃ長いんです・・・

例に、心の壁の壊し方という、しげにいが書かれた本の紹介をしようとしても
アマゾンの場合、これだけ長いURLになります

http://www.amazon.co.jp/%E5%BF%83%E3%81%AE%E5%A3%
(本来はもっと長いです)

独自配信のメルマガの場合は、この様なURLを短縮する機能が、
最初から付いている事が多いので、長いURLを短縮して、
お手紙の中に設置することができます。

仮に、ワイメールではなく短縮機能が付いていない配信スタンドを使う場合
無料でURLを短縮してくれるサービスはたくさんありますのでご安心ください

これからお手紙を配信する内容に対しては、色んな話を混ぜるのではなく
統一性を持たせましょうという事はお伝えしましたが
お手紙の中に掲載するURLの内容についても同じです

編集語記の中なら趣味などもあるので違ってもいいと思います。

また、1つの内容について書く中で、同じURLを複数掲載する場合は、
最高でも2個~3個ぐらいに留めておきましょう!(しつこいと嫌われます)

繰り返しますが、お手紙を通じて集客や販売の前に、まずは読者さんが、
あなたがURLを掲載しても、違和感なくクリックする事に慣れてもらうことが大事です。

その日々の積み重ねで関係性の維持が、少しずつ出来上がっていきます

※は必須項目です
メールアドレス※
お名前(姓名)※ 姓と名はスペースで区切ってください
      

関連記事

ページ上部へ戻る