メールで集客を促す時の注意点

step

メールで集客を促す時に気を付けてほしいことがあります。それは、普段からメール自体を
どういう風に活用されているのかです!セミナーの時だけ、何かの商品を販売した時だけ
メールを頻繁に流していませんでしょうか?この行為はNGです。

例えば20万部からメールを送ります!と謳っている業者さんもありますが
それだけの配信部数があるのにも関わらず、実際に蓋をあけてみれば
クリック数が200も満たない所も結構多いからですからね・・

実際に号外広告などを出してみたら分かりますよ!弊社はさまざまな所で
テスト繰り返してきましたので確かなデーターがあります

大切なのは読者数ではありません。言葉は悪いですが読者の数を魅せたブランディングは
あまり信用できないです。重要なのは精読者数の方だと思ってください。

ご自身のメルマガ読者さんの精読率を、普段からちゃんと把握されていますか?

インターネットの中で公開されてある情報は、メールでコンバージョンを取る為の
テクニック的なことしか書かれていませんよね?そういう事だけを学んでいても
読者さんは一歩引いて冷ややかな感覚で見ていますし、どんどん離れていく一方です。

なぜなら、その様なメールには、その人の「人柄」が見えないからです

メールで商品やサービスを売るとか、集客をさせる為に使っているという感覚が
そもそも間違っていることに、まずは気づいた方がいいです!それはいつでも出来ます

あなたが心がけることは、たったの1つです
メールは「関係性の維持」の為に活用しないといけないということ

その為にも、メールを読んでもらう価値を与えないといけないのですが
どういう内容を書くのか?しっかりと提示されていますか?理念は伝えていますか?

所詮はリストに過ぎないという感覚で、テクニックばかりを重視して、
件名はこういうタイトルの方がいいとか、内容は短く簡潔になど
こういう小手先のことばっかりを優先されている方が多すぎです

メールは爆発力がありますが、ひょっとしたら、あなたが学んでいる
コピーライティングの考え方は、爆発力を生み出す為の順序自体が
大きく間違っているのかもしれません

僕から質問があるのですが、なぜ、文章を書く必要があるのでしょうか?

そりゃ売る為でしょ?ファン化させる為でしょ?という答えが出てしまうのなら
メールの使い方が間違っていますし、情報収集のやり過ぎですね!
読者さんはリストじゃありません、血の通った人間です

常に意識をしておかなければいけないことは、関係性の維持です!
売る為にとか、集客をしたいからなどは、関係性さえ出来上がれば
いつでも提案することが出来ますし、価値を感じる方はご依頼をされます

その為に、やるべくことを履き違えない様にしてくださいね!

メールマーケティングをはじめ、ブランディング強化をしたい方は
弊社のネットコンサルページを1度ご覧になられてみてください

また、メールを活用する上ではステップメールは必須項目になりますので
知らない方は1度目を通してみてくださいね!ステップメールはかなり重要ですから・・

メールを通じて、読者さんと関係性を築くことができれば、さきほどもお伝えした様に
商品やサービスを提案することはいつでも出来ますし、読者さん自身が必要性を感じれば
無理に売り込まなくても、商品やサービスは下記の様にちゃんと高額でも売れていきます


123のコピー


kkka

※は必須項目です
メールアドレス※
お名前(姓名)※ 姓と名はスペースで区切ってください
      

ページ上部へ戻る