税理士さんのネット集客方法

落ち込むビジネスマン

今日は税理士さんを例にとってお話をしますね!ネット集客において
税理士さんが狙いたがるキーワードって、地域名+税理士が圧倒的に多いです

ただ、これらの地域名系のキーワードは、競合キーワードになりますので
契約しているSEO業者さんが、どれだけ質の良いサテライトを持っているかで
検索順位が大きく変わっていきます!

ちょっと厳しい言い方になりますが、こういう厳しいキーワードに参入されていること自体
非常にナンセンスだということを知っておいた方がいいです!

地域名+税理士が、本当にリアルでどれだけ検索されるのか?も分からない中で
必死になってSEO対策を施してどうしますか?ちゃんと勉強した方がいいです

地域名+税理士のキーワードで、自分のホームページが検索結果の1位にさえなれば
仕事の依頼が来るなんて思っていたら大間違いですからね・・

地域名+税理士のキーワードだけで、訪問者が何を思っているのかなんて分からない訳です
仮に、このキーワードから入ってもらった時、ホームページの最初に魅せるべき部分は
一体なんですか?ご挨拶などではないですよね?その時点でアウトです

そもそも、どういう人を集めたいのか?明確ですか?それを分かった上で
地域名+税理士というキーワードで上位表示を狙っていらっしゃるのでしょうか?

ヘッダー画像にいれるキャッチコピーはなんですか?ABテストはしましたか?
ホームページの構成はどういう組み立てですか?どこでコンバージョンを取るのですか?

さきほどもお伝えしましたが、地域名+税理士のキーワードからの訪問で
最初のファーストビューが、税理士さんのあいさつなどでしたら見られてませんし
かなりチャンスロスが発生していると思います!

3秒ルールではなく、8秒ルールをご存じですか? それも人任せになってませんか?
ネット集客を成功させたいのならば、将来の事を考えて自分で学んだ方が絶対にいいです

仮にアクセスが来ても、1分以上も滞在してもらえていないコンテンツはザラにあります
デザインが綺麗なだけではダメですし、誰を連れてくる為の構成がしっかりと出来ていないと
ぼやけたアクセスばかりを集めるだけで、コンバージョンが上がりません

ホームページのテンプレートなども、3カラムなどを使用されていたらかなり厳しいです
大切なのは検索結果で1位になることではないです。申込みをもらう事ではないですか?

何も分からないからではなく、どういう考え方になれば分かる様になるだろうという
取り組み方の方を優先した方がいいと思います!

自分から、わざわざ地域名+税理士などの競合キーワードを選ぶのではなくて
確定申告+単発、個人事業+開業申請、サラリーマン+副業+確定申告、副業+領収書など
人は色んなキーワードを打っていることを知っておいてください!

SEO業者が知っているキーワードが、成約キーワードではありません
キーワードツールなどに出てくるキーワードしか基本的に見ていないので・・
少ないアクセスでも、コンバージョンするキーワードを知らないのです

競合キーワードと、成約キーワードは全く別物ですし、この成約キーワードは、
自分の力で知ることが出来るのですね!(これがブルーオーシャンです)

毎月高額のSEO対策代金を、業者さんに支払わなくても、ガラ空きのキーワードなんか
調べていないだけでゴロゴロありますし、コンバージョン(成約)が決まるキーワードも
税理士さんが知らないだけでたくさんあります!

弊社の税理さんなどが良い例で、SEO対策などを一切しなくても自分の力だけで
ネット集客が出来ていらっしゃいます。しかも申し込みを打ち止めしないといけないほどです

どんな方に対して、そのページの記事は書いていらっしゃいますか? 
なぜ、文章を書かないといけないのでしょう?把握されていますか?

実際に申し込みがきたら、どういう返信メールを送られていますか?
その後のステップメールは組んでますか?何通のパターンですか?
1通目は何を書いてますか?2通目は何を書いていらっしゃいますか?

このあたりのメールマーケティングもしっかり勉強しておかないと、
リピーターが生まれませんし継続もしてくれませんので気をつけてください

今は自分でネット集客を学ぶ時代です。個人の税理士さんなら尚更です

※は必須項目です
メールアドレス※
お名前(姓名)※ 姓と名はスペースで区切ってください
      

関連記事

ページ上部へ戻る